Others

2018.10.05

「スクロールする」行為をアナログに”巻き戻し”た「Scrollino」

購入期限:2018.10.21 

出典:https://www.kickstarter.com/projects/176476802/scrollino-please-be-kind-rewind

現代ではスクロールする、といえばスマホのことになりました。が、もともと長いものを引っ張り出しながら見る、というのは、古代の巻物から存在していた方法です。

ご紹介する「Scrollino」は、この「スクロールする」という体験をもう一度アナログに戻してみたプロダクトです。

出典:https://www.kickstarter.com/projects/176476802/scrollino-please-be-kind-rewind

仕組みとしては古代の巻物と一緒。ながーい紙のロールを、くるくると巻きながら読んでいきます。
箱に付いているロール芯は、6角鉛筆などで回すことができます。巻物は紙でできているので、その鉛筆で書き込んだりできるのも面白いところ。

出典:https://www.kickstarter.com/projects/176476802/scrollino-please-be-kind-rewind

Scrollinoのイメージソースはスマートフォン。なので、上下にロール芯がついているDouble Scrollinoは、スマホのようなディスプレイ部分が箱に付いています。

スマホを逆にアナログ化するというのは、ユーザーエクスペリエンスとしてちょっと意外性があって斬新。ですが、実際にコンテンツとしては楽しめるのでしょうか?現在のラインナップを見てみましょう!

出典:https://www.kickstarter.com/projects/176476802/scrollino-please-be-kind-rewind

にょーーーんと首の長いキリン。視覚的も伸びる感覚があって説得力があるこちらは、メジャーになっています。全長2メートルとのことなので、身長を測ってみたり、おもちゃのサイズや部屋の大きさを調べたりと、子どもたちが単位の感覚を掴むのに役立ってくれそう。

出典:https://www.kickstarter.com/projects/176476802/scrollino-please-be-kind-rewind

こちらは折り紙。スクロールすると、まず切り取って折り紙にできるオリジナルプリントが出てきます。そのあとに、簡単な折り紙の折り方が。これが6種類のセットになっているそう。

出典:https://www.kickstarter.com/projects/176476802/scrollino-please-be-kind-rewind

こちらはゲームブック。パーティなど、人が集まったときにわいわい楽しめるゲームのアイデアが詰まっています。

文具好き・紙好きさんにプレゼントしても喜ばれそうなScrollino。

出典:https://www.kickstarter.com/projects/176476802/scrollino-please-be-kind-rewind

たとえば折り紙なら、Scrollino本体プラス折り紙だけがプリントされたロール3つがセットされたギフトボックスがあります。

「スクロールする」という体験も、巻物も、紙の本も、今までわたしたちがよく知っていたもの。それを再解釈したScrollino、ありそうでありながら、実際に体験してみると新鮮に感じるかもしれません。フランス生まれらしい色使いも洗練されていて素敵。

Scrollinoひとつは20ユーロ、ギフトボックスは40ユーロから。年内のお届け予定です。

出典:Scrollino: Please be kind, rewind! | Kickstarter

https://www.kickstarter.com/projects/176476802/scrollino-please-be-kind-rewind

購入期限:2018.10.21 

author赤星 友香
piggiesagogoクロシェター、ライター。オリジナルのあみぐるみ、かぎ針編み小物のパターン制作をメインに活動中。3ピースバンド「めがね」もやっています。

LATEST POSTS

more