Interior

2019.11.03

コーヒーの紙コップをまるごとリサイクル! 強くて壊れにくい花瓶「LOVELY TRASH」

購入期限:LOVELY TRASH: Vases grown with fungi on coffee cup waste | Kickstarter 

ここ数週間はリユース・リデュースにまつわるプロジェクトを多めに紹介しています。世界的に注目されているタイミングということもあり、Kickstarterでは現在「Shpaeshift(変身)」という特集が組まれていたりも。今週もそんなエコなプロダクトの中からオリジナルなアイデアが光るものをご紹介します!

出典:https://www.kickstarter.com/projects/1755959093/lovely-trash

こちらは「LOVELY TRASH」という名前の花瓶。一見陶器に見えるのですがなんと! コーヒーなどをテイクアウトするときに使う紙カップからできているのです。

お店によっては店内での飲食でも紙カップで提供することもありますよね。一回使ったら終わりで燃やすゴミへ。紙製ですがプラスチックでコーティングされていたり、内部が汚れていたりするのでリサイクルすることも難しいという特徴があります。

出典:https://www.kickstarter.com/projects/1755959093/lovely-trash

そこに目を付けたのはロンドンのBlast Studio。地元のコーヒーショップから回収してきた紙コップを裁断して溶解、そして除菌。そうしてこの「LOVELY TRASH」を作り上げてしまいました!

出典:https://www.kickstarter.com/projects/1755959093/lovely-trash

ただの紙なのにどうして花瓶になれるのか? それにはふたつの秘密があります。ひとつはキノコ。キノコというと椎茸やエリンギなどの可食部を思い浮かべます。が、キノコにも根っこのようなものがあります。それが「菌糸体」。紙コップを溶かして作った花瓶には、この菌糸体がたっぷり育っています。それによって組織が強くなり、花瓶として使えるようになるというわけです。

出典:https://www.kickstarter.com/projects/1755959093/lovely-trash

もうひとつの秘密は紙コップをまるごと使うということ。つまり紙だけでなく、プラスチックのコーティングもそのまま混ぜ込んで使うのです。これで防水機能もアップするというわけ。

出典:https://www.kickstarter.com/projects/1755959093/lovely-trash

牛乳パックを溶かしてはがきを作ったことがある方も多いのではないでしょうか。あのときプラスチックは邪魔者ですが、「LOVELY TRASH」はすべてまとめて材料として使ってしまえるという強みがあります。

出典:https://www.kickstarter.com/projects/1755959093/lovely-trash

多肉植物を育てるのにぴったりな「LOVELY MINI」(14ポンド:約2,000円)から、大人が座れる「LOVELY STOOL」(280ポンド:約30,000円)までバリエーション豊富な「LOVELY TRASH」。お好きなものをチョイスしてくださいね! ちょうど1年後、2020年11月のお届け予定です。

購入期限:LOVELY TRASH: Vases grown with fungi on coffee cup waste | Kickstarter 

author赤星 友香
piggiesagogoクロシェター、ライター。オリジナルのあみぐるみ、かぎ針編み小物のパターン制作をメインに活動中。3ピースバンド「めがね」もやっています。

LATEST POSTS

more