Relaxation/Sanitary

2019.12.07

バングラデシュのために立ち上がったサニタリショーツブランド「Reemi」

購入期限:2019.12.13 

今週は締め切りが近づいたアパレル関連の話題をお届け。ひとつ目は身体の性別が女性出ない方にはあまり馴染みがないかもしれない話題です。月経とショーツのお話です。

出典:https://www.kickstarter.com/projects/reemi/self-disinfecting-period-underwear

突然ですが、バングラデシュの女性のうち80-95%は生理用品を使わない、もしくは使えない環境下にあるそうです。また、生理用品の代わりに使っている布などの不衛生さから体調を崩す工場労働者は全体の73%に上るそうです。月経由来の体調不良から仕事を休まざるを得ない日数は平均してひと月に6日だとか。

日本でもまだまだ理解が十分にあるとは言えない状況に置かれている女性の月経ですが、穢れの概念などと結びついてまだまだ忌避されている地域は地球上に少なくありません。このような状況に対し何かアクションを起こさなければ! と、ニュージーランドのアパレルブランド「Reemi」が立ち上がりました。

出典:https://www.kickstarter.com/projects/reemi/self-disinfecting-period-underwear

彼女たちが作ったのは生理のときにも使えるショーツ。それだけなら普通のショーツですが、「CottonX」という新しい素材を使用しています。

「CottonX」は名前の通り綿をベースにできている繊維です。繊維内にある銅の酸化物の働きで殺菌効果があるという優れもの。これをショーツの内側に使うことで、ナイーブになりがちな月経時の肌をサポートします。

出典:https://www.kickstarter.com/projects/reemi/self-disinfecting-period-underwear

「Reemi」のショーツはバングラデシュのアパレル工場と協業で作られます。衛生的な下着が必要な地域のために、そしてよりストレスの少ない日々を求める世界の女性のために。価格はショーツ2枚セットで75ニュージーランドドル(約5,348円)です。あと5日ほどの短いクラウドファンディング期間です。チェックはお早めに。

出典:Self-disinfecting period underwear | Kickstarter

https://www.kickstarter.com/projects/reemi/self-disinfecting-period-underwear

購入期限:2019.12.13 

author赤星 友香
piggiesagogoクロシェター、ライター。オリジナルのあみぐるみ、かぎ針編み小物のパターン制作をメインに活動中。3ピースバンド「めがね」もやっています。

LATEST POSTS

more